サイト内検索(by Google)
MENU
転職に必要な知識集

転職に必要になってきそうな後期研修

新卒で雇う社員というのは、それまでどこかの会社にいたということがないので、前のところはああだった、こうだったということがなく、使いやすいという話はよく聞いたものです。けれど、最近はひとつところに入社しても、ずっとそこに勤め続けるわけではなくなりましたし、会社もそのような雇用形態を維持できなくなっています。むしろ、もっといい環境、もっといい人間関係、もっとやりがいのある仕事を求めて、どんどん転職する人が増えてきましたから、アメリカ並みに仕事を変わっていくことがキャリアアップという考え方も、少し日本社会に芽生えてきたのかもしれないと思います。そう考えると、これまでのやり方や考え方を一掃し、いったんリセットさせるためにある程度仕事のキャリアを積んできた人にこそ、改めて研修が必要ということになるのかもしれません。特に定年を迎えて会社を退社し、その後また再就職を希望するような年を重ねた人にこそ、後期研修という言葉は当てはまるのかもしれないと思います。
これまでのノウハウを活用しながら、新しい職場で力を発揮できるように意識改革をしてもらうことが、この研修の狙いと言ってもいいのかもしれません。確かにそれぞれの人材がこれまで培ってきた経験とキャリアは必要ですし、それを役立ててもらうことを期待しているでしょうが、会社にとって譲れないやり方というものもあると思います。直すべきところは直し、とりいれてもらうところはとりいれてもらうことを明確にし、それを理解してもらうことこそ、転職においての研修ということになるのではという気がします。これを柔軟にやってのけられる人は、年齢に関係なく新しい職場で能力を発揮し、どんどん活躍の場を広げていけるのではないかと思います。そのための研修を行うことは、採用したけれど周りと協調できない、やり方が違うといった実践の場でのトラブルや不満を生み出さないためにも、重要なことなのかもしれません。

Copyright 2016 転職に必要な知識集 All Rights Reserved.